■ホームページのトップへ戻る→

提示された内容が、基準に基づいた本当に適正な補償なの?
補償額は、損失補償基準に基づき算定されています。しかし、基準の解釈やとらえ方が異なれば、当然異なった補償内容となります。
適正な取り扱いがされているのか、検証することは大変重要です。
  →ご不安がある場合、ぜひサポート契約をご検討ください。


補償金が低すぎる、何か見落としがあるのでは?
補償基準が一般の社会常識と異なっている部分があります。内容を説明する義務が役所の担当者にありますが、なかなかきちっと説明されていないことも多いです。
また、補償を受けられる方の現状がうまく伝わっていないということも考えられます、あまりに補償金が低すぎると感じられるのでしたら、
本来受けることのできる補償内容が、全てきちっと認められているのかを検証する必要があると思われます。


役所の担当者の説明が、どうしても納得がいかない
損失補償基準は、内容がとても難しく、役所の担当者もきちっと説明できていない場合もあると思われます。参考図書をお読みいただくか、ぜひ相談をお寄せください。
基準については「無料相談」で、具体的な内容については「有料相談」で対応しております。


こちらの話を何ひとつ聞いてくれない、基準とはそんなに絶対なもの?
役所の担当者との間で、一度思い違い、行き違いの話し合いが持たれてしまいますと、なかなか修復できないケースも多いかと思います。そういう場合、どうしても役所の担当者は「基準通りの補償だから、一切変わりません」という発言をしがちです。お互い、冷静になって、具体的にどこの部分がお互いの考え方が異なっているのかを話し合うべきです。
  →話し合いが行き詰まっている場合、ぜひサポート契約をご検討ください。